Login to IMDS

Login to IMDS

NewToIMDS

News

NEWS

 

2021.12.02

2021年12月9日および10日、IMDS企業であるEagle Ottawa、Guilford、Gill Industries、M&N Plastics、Renosol、Lear automotive interior materials (Yangzhou) Co.は、Lear CorporationのIMDS Site ID 632の下に移管されます。 

Company transfer Lear Corporation

 

2021.11.29

CNH Industrialのスピンオフにより、新会社であるIVECO Group(IVECOおよびFPT)は引き続きIMDSを使用します。詳しい情報はこちらをご覧ください:CNH Industrial specific information

 

2021.11.25

Release 13.1に関するIMDS Newsletter 57が配信されました。

IMDSユーザーの方は、IMDSの個人設定でニュースレターの購読・解除ができます。IMDSに登録されていない場合は、 こちらのページ から購読・解除することができます。

 

2021.11.24

Vinfastは、IMDSサプライヤー情報を更新しました。詳細については、各自動車メーカー(OEM)からの情報を参照してください。

 

2021.11.08

FCA はIMDSのサプライヤー情報を更新しました。詳細な情報は 各自動車メーカー(OEM) からの情報 > FCA US LLC と FCA EMEAを参照してください。
 

2021.11.02

Bugatti の企業Split-Off
2021年11月1日以降BugattiはVolkswagen Groupに属さなくなるため、Bugattiへのマテリアルデータシートは新しいBugattiのIMDS Company-IDに送信していただけるようお願いいたします。

 

2021.10.05

Hyundai Motor and KIA は、サプライヤーの情報を更新しました。詳細な情報は 各自動車メーカー(OEM) からの情報 Hyundai Motor and KIA を参照してください。

 

2021.10.04

CNH IndustrialはIMDSでのデータシートの受け入れを終了します。
CNH Industrialは、2021年11月30日以降、IMDSでのデータシートの受け入れを終了します。
詳細はこちらをご覧ください: CNH Industrial specific information.

 

2021.08.12

PAHのアプリケーションコード Not Applicable[ID:40]PAH in lubricating oil[ID:41]は、2021年7月21日に無効化されました。それ以来、これらのアプリケーションコードが割り当てられたPAHを含むレガシーデータシートに警告メッセージが表示され、サプライチェーン内で拒否されるようになりました。(他の材料分類についてと同様)潤滑油に含まれるPAHのいくつかの特定の事例については、先日の変更以降、アプリケーションに関連しなくなったにもかかわらず、レガシーデータシートに警告メッセージが表示されました。

この警告が表示されないようにするために、この2つのアプリケーションコードは2021年8月16日に無効から隠し属性に変更されます。

IMDSでのアプリケーションコードの使用に関する詳細と、材料におけるアプリケーションコードの現在の概要については、関連するFAQを参照してください。
 

2021.07.30

Volkswagenは材料分類1.1、1.2、2.1、2.2、5.4の拒否を延期します。
社内の事情により、以前お知らせした材料分類が不明確なデータシートの拒否開始は延期されます。ただし、材料規格VW 91101に基づき、すべての材料に対してより詳細なサブ材料分類を使用するという要件は引き続き適用されます。この機会に、材料データを適切に調整してください。ご不明な点がございましたら、IMDS@volkswagen.deまたはお客様の連絡先までお問い合わせください。

 

2021.07.29

アプリケーションコードの修正
7月21日のアプリケーションコードの変更により、材料分類5.3では、特定のPAH物質が含まれている場合、タイヤ用のアプリケーションコードしか選択できないという問題が生じました。この問題について、IMDSステアリングコミッティーのアプリケーションコードワーキンググループで検討した結果、材料分類5.3のPAHについては、アプリケーションコード[39] Non-tyre applicationが再有効化されることになりました。
 

2021.07.27

General Motorsがサプライヤー向け情報を更新しました。詳細は各自動車メーカー(OEM)からの情報 > General Motors (GM)をご覧ください。

 

2021.07.21

以下のファイルは、REACH SVHC候補リストに追加され、2021年8月6日にIMDSでSVHCと表示されることになった化学物質のリストです。


REACH Candidate List Update (SVHC) July 2021

 

2021.07.05

Hyundai Motor and KIA は、サプライヤーの情報を更新しました。詳細な情報は 各自動車メーカー(OEM) からの情報 Hyundai Motor and KIA を参照してください。

 

2021.06.25

2021年7月21日にIMDSのアプリケーションコードに変更があります。

Application Code changes July 2021

 

2021.06.25

2021年10月19〜20日、バーチャルで開催される "IMDS & Product Chemical Compliance Conference" に参加してください。

詳細情報
 

2021.06.02

Volkswagen AGは材料分類1.1、1.2、2.1、2.2、5.4を拒否します。

Volkswagen AGは2021年8月1日までのみ、VDA分類1.1、1.2、2.1、2.2、5.4を受け付けます。 2021 年 8 月 1 日以降は、上記の VDA 分類の材料を含むすべてのデータシートは拒否されます。これは、記述された部品が新品であるかスペアパーツであるかに関わらず、Volkswagen AGの企業組織に提出されたすべての材料データシートを指します。ただし、IMDSコミッティが企業ID[423]、[18986]および[313]で公開した材料は除きます。

VW 91101によると、VDA分類の選択は可能な限り詳細に行う必要があります。したがって、上記の分類を使用することは、VW 91101に準拠していません。利用可能なVDA分類の完全なリストとその説明は、ドキュメント「Annex I to the IMDS001 Recommendation」に記載されています。

貴社の部品が影響を受けるかどうかを早めに確認し、必要に応じてデータシートの更新を行ってください。

ご不明な点がございましたら、 IMDS@volkswagen.de または貴社のカスタマー担当者までお問い合わせください。

 

2021.06.02

Volkswagen AGはサプライヤー情報を更新しました。この情報は 各自動車メーカー(OEM) からの情報 > Volkswagenに掲載されています。

 

2021.05.19

IMDSリリース13.0がオンラインで公開されました。拡張された機能の詳細については、リリースノートをご参照ください。

 

2021.04.30

Release 13.0に関するIMDS Newsletter 56が配信されました。

IMDSユーザーの方は、IMDSの個人設定でニュースレターの購読・解除ができます。IMDSに登録されていない場合は、 こちらのページ から購読・解除することができます。

 

2021.04.16

Vinfastは、IMDSサプライヤー情報を更新しました。詳細については、各自動車メーカー(OEM)からの情報を参照してください。

 

2021.04.14

2021420日、現在のIMDSサーバーのSSL証明書は新しいバージョンに変更されます。

これは、SSL証明書の寿命を短くすることでセキュリティを向上させるという業界のコンセンサスを反映したもので、過去2年ごとに行われていた定期的な変更であり、今後も毎年行われる予定です。お客様の会社が境界線のセキュリティ設定に証明書のピン留め(https://www.digicert.com/dc/blog/certificate-pinning-what-is-certificate-pinning/)を採用していない場合は、新しい証明書は古い証明書と同様に透過的に機能するため、何もする必要はありません。しかし、証明書のピン留めを採用している企業では、2021年4月20日までに新しい証明書を検証する必要があります。

新しい証明書はこちらからダウンロードできます:

https://nextmodel.mdsystem.com

https://currentmodel.mdsystem.com

 

2021.03.31

Ford Motor Companyはサプライヤー向けの情報をまとめました。詳細については、各自動車メーカー(OEM)からの情報を参照してください。

 

2021.03.17

Lucid Motors (企業ID 211730)がIMDSに参加したことをお知らせします。

 

2021.03.16

2021331には、最新のGADSLの更新がIMDSで実装されます。IMDSの化学物質リストに次のようの変更を組み込みます。

GADSL Update March 2021

さらにECHA専門家の判断により、化学物質グループの中にHexahydromethylphthalic anhydrideの追加で決定され、2021331日にREACH SVHCのフラグが立てられることになりました。

REACH Candidate List Update

 

2021.03.10

スズキがサプライヤー入力マニュアルを更新しました。

詳細はヘルプ⇒各自動車メーカー(OEM)からの情報⇒ スズキをご参照ください。

 

2021.2.26

IMDSステアリングコミッティは、Critical Raw Materials (CRM)に関する情報を掲載したページを公開しました。

 

2021.02.26

SCIPに関するIMDS Newsletter 55が配信されました。

IMDSユーザーの方は、IMDSの個人設定でニュースレターの購読・解除ができます。IMDSに登録されていない場合は、 こちらのページ から購読・解除することができます。

 

2021.01.29

IMDSリリース13.0のテスト期間の延長と新しい移行日 2021519

皆様へ

IMDSステアリングコミッティにより、IMDSリリース 13.0の本番公開は2021年3月10日から2021年5月19日に延期することが決定しましたので、お知らせいたします。

IMDSリリース 13.0のスケジュールは、ECHAによる要件の最終決定の遅れ、IMDS-Advanced Interface (IMDS-AI)関連の開発に必要な時間、サプライヤーやメーカーの社内システムの調整に必要な時間、これらのために関係者全員にとって非常にタイトなものとなっています。

それゆえ、社内のインテグレータからは、IMDSリリース 13.0の統合およびテスト期間の延長を求められました。これにより、IMDSリリース13.0が延期されることになります。

一方で、IMDSへのSCIP提出機能の実装を待っている企業も多く、この点についても対応され、考慮されています。

しかし、昨日、IMDSステアリングコミッティは、すべての要件のバランスを調整した結果、IMDSリリース13.0のテスト期間を約2ヶ月延長することを決定しました。IMDSの本番環境への移行日は、2021年5月19日となります。

今回のリリース延期に伴い、以下の変更点が延期されます。

- Rec019 MDSの無効化 - 2021年5月19日に延期

- 材料分類の無効化 - 2021年5月19日に延期

また、金属材料ウィザード機能は、IMDS Release 13.0以降の次期リリースにシフトします。