Login to IMDS

Login to IMDS

NewToIMDS

GADSL - Critical Raw Materials

Critical Raw Materials (CRM)

 

2021年2月からは、Critical Raw MaterialsグループがGlobal Automotive Declarable Substance List (GADSL, www.GADSL.org)に掲載され、IMDSデータシートでの報告が義務付けられます。

The list of associated CAS numbers for the Critical Raw Material is here.

これらのCritical Raw Materialsを含むIMDSデータは、2021年に登録が開始され、2022年には報告が義務化されると予想されています。

 

なぜCritical Raw Materialsを申告する必要があるのですか?

EU委員会は、廃棄物枠組指令、新電池規制、循環型経済アクションプランなど、いくつかのコミュニケーションの中で、Critical raw materialsの管理と回収において、より強固なアプローチが必要であることを明らかにしています。 EU委員会は、産業界に対し、これらの材料がどこで使用されているかを把握し、責任を持って使用することを期待しています。 生産者のためのリサイクルと回収の目標や表示義務も、戦略的な展望の中にあります。

 

なぜこれらの物質はGADSL にではなくIMDSに別々に記載されるのですか?

GADSL に記載されている代表的な物質は、安全衛生に関連する現在のまたは潜在的な制限のために記載されています。 GADSL は除外リストとして扱われるべきではありませんが、このように誤用されることがあります。

一方、Critical raw materialsは、いくつかの理由で産業にとってCriticalであるが、通常はその危険性のためではありません。したがって、これらのリストは、それらの使用を制限すべきであることを示すものではありません。

これらの物質を GADSL や IMDS に別々に記載するかどうかは、常に検討されており、将来の GADSL のリリースで修正される可能性があります。

 

Critical raw materials の優先順位はどうなっていますか?

Critical raw materialsのリストは、EU委員会の批判的評価に基づいて優先順位付けされています。 これらの物質は、今後数年で使用量が増加すると予想される新興の低CO2技術に最も適用可能な物質であるため、このリストを作成する際の定義では、非常に高い、高い、中程度と定義された物質のみが選択されました。

 

Source: European Commission - Critical Raw Materials for Strategic Technologies and Sectors in the EU - A Foresight Study, page 10 (to enlarge the picture, please right-click and open in seperate browser tab)

 

なぜ報告基準が0.1%なのですか?

いくつかの理由から、これらの物質については、デフォルトのGADSL報告閾値である0.1%を維持すべきであると決定されました:

  1. 長寿命 - もしより高い閾値を検討したり、より低い閾値で要件を設定するとしたら、データシートを更新する必要があります。
  2. 明確性 - サプライヤーは、0.1%のデフォルトの報告に慣れているため、これ以上高くするとサプライチェーンの混乱を招く可能性があります。

 

どこに行けば詳しい情報が得られますか?

EU Commission’s website on Critical Raw Materialsをご参照ください。