Webコンテンツの表示 Webコンテンツの表示

Login to IMDS

Webコンテンツの表示 Webコンテンツの表示

ニュース

 

2019.09.03

IMDS-a2分析&レポート作成機能 ::: ウェビナーと特別オファーが利用可能

無料のウェビナーでは、IMDS-a2の最新の機能拡張を紹介し、新機能を使用しながら利益を最大化する方法を示します。 IMDS-a2分析&レポート作成機能を使い始めやすくするために、すべてのIMDS-a2ウェビナー参加者は特別オファーの対象となります。

今すぐ登録して無料のIMDS-a2ウェビナーに参加し、特別オファーをご利用ください。
 

2019.06.14

IMDS-a2の新しい機能強化と新しい分析&レポート作成機能からの恩恵

2019年6月26日より、IMDS-a2では次の新機能が利用可能になる予定です。したがって、特に材料データ分析に社内システムを使用していないIMDSユーザーをサポートします。:

  • データシートのために改訂され洗練された分析機能を備えた新しい分析&レポート作成機能

  • 企業固有の化学物質リストは、カンパニーアドミニストレーターが自社用に作成可能

  • REACH 規制情報はデータシートの構成情報で利用可能

  • ユーザーやコンタクトパーソンを管理するためのカンパニーアドミニストレーター機能

詳しくは Release Notes for IMDS-a2 Version 12.1をご参照ください。
 

2019.05.27

追加のIMDS-AIサービス: 複数タイムゾーンダウンロード

2019年6月より、DXCはAIのお客様に追加サービスを提供します。「複数タイムゾーンダウンロード」により、IMDSシステムから1日最大3回データを受信することができます。 この追加サービスは、最近のデータシートを1日に数回処理する必要がある、主にグローバル企業をサポートします。 詳細はIMDS-AIのページをご覧ください。

 

2019.04.22

IMDSリリース12.0およびIMDS-a2に関連する変更

2019年5月9日IMDSに変更があり、IMDS-a2にも反映されます。

詳細情報については、リリース12.0の変更についての最新の IMDSリリースノートIMDS-a2 Version 12.0のリリースノートを参照してください。

 

2018.11.19

Oracleは2019年1月にJAVAのライセンスポリシーの変更を計画しています。

計画されているライセンスポリシーの変更に伴い、Oracleは2019年1月以降、JRE 8の公開アップデート・サイトにJRE 8の更なるアップデートを掲載しません。IMDS-a2IMDS Conflict Minerals (CM) Analyzer ユーザー OracleJavaライセンスポリシーの変更により影響を受ける可能性があります。IMDS-a2およびIMDS CM Analyzerは、Javaプログラミング言語で開発されたアプリケーションサービスです。Java Runtime Environmentバージョン8(JRE 8)は、両方のアプリケーションを実行するための前提条件であり、それぞれのPCにインストールして使用する必要があります。 on how Oracleの新しいライセンスポリシーが、IMDS-a2 または IMDS CM Analyzer ユーザーにどのように影響を受けるかについては、 こちらをご確認ください。


 

2018.08.08

IMDS-a2 Release 11.1.1 の変更点

IMDS-a2機能とユーザビリティを向上させるために、2018831日にIMDS-a2 Release 11.1.1を公開します。また、追加のREACHモジュールとそのレポートの一部の変更に加えて、一般的なIMDS-a2機能が強化されます。
詳細は IMDS-a2 Version 11.1.1のリリースノートをご覧ください。
 

2018.04.09

IMDSリリース11.1およびIMDS-a2に関連する変更

2018年5月3日IMDSに変更があり、IMDS-a2にも反映されます。

詳細情報については、リリース11.1の変更についての最新の IMDSリリースノートIMDS-a2 Version 11.1のリリースノートを参照してください。

 

Webコンテンツの表示 Webコンテンツの表示

Webコンテンツの表示 Webコンテンツの表示